東京都、国、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会では、東京2020オリンピック・パラリンピック大会時の交通混雑緩和に向けた取り組みとして、大会時に影響のある地域で活動をされている団体・企業に「2020 TDM推進プロジェクト」への参加登録および「大会時の遅延等を想定した所要時間・経路探索システム」の活用等を呼び掛けており、下記の通りお知らせいたします。

1「 2020TDM推進プロジェクト」への参加登録のお願いについて
TDMとは、自動車の利用者が協力し合うことにより、交通量の抑制あるいは調整を図るものです。
何も交通対策を行わないと道路や公共交通機関の深刻な混雑が発生する恐れがあり、ぜひ積極的にご登録いただけますようお願いします。

※「2020TDM推進プロジェクト」HP:https://2020tdm.tokyo/index.html
※「2020TDM推進プロジェクト」参加登録HP:https://2020tdm.tokyo/approve/

ご登録いただくと、以下の取組を無料でご利用になれます。
・メールマガジンでの大会輸送等に関する情報のいち早い提供
・個別コンサルティングによる2020 アクションプラン作成の支援
・「大会時の遅延等を想定した所要時間・経路探索システム」の提供 など

2「大会時の遅延等を想定した所要時間・経路探索システム」の活用について
2020TDM推進プロジェクトのホームページでは、大会期間中において、TDMによる交通対策を何も行わなかった場合に道路や鉄道等に生じる影響をまとめた「大会輸送影響度マップ」を公表しています。
※参照HP:https://2020tdm.tokyo/map/

これに加えて、東京都では、今般、出発地と到着地を指定することで、大会期間中に想定される所要時間の目安を検索できる「大会時の遅延等を想定した所要時間・経路探索システム」を開発しました。
団体・企業の皆様には、東京2020 大会時の交通混雑緩和に向けた取組や2020アクションプランの作成等に本システムをご活用いただければ幸いです。
※参照HP:https://2020tdm.tokyo/members/login/login.php?transmit_url=%2Fmembers%2Fnavi%2Findex.php
(本システムの利用には、「2020TDM推進プロジェクト」への登録が必要です)

3 会場周辺の交通対策について
東京2020大会競技会場等の周辺の交通混雑を緩和するため、会場周辺の交通対策として、東京圏の各会場に、進入禁止エリア、通行禁止エリア、迂回エリア、専用レーン・優先レーンを設定します。企業の皆様におかれては、大会時の輸送ルート等の検討にあたり、ご留意いただけますようお願い申し上げます。
※参照HP:https://2020tdm.tokyo/traffic
【ご参考】大会時の遅延等を想定した所要時間・経路探索システムについて(PDF)

<本件に関する連絡・お問合せ先について>
東京都オリンピック・パラリンピック準備局大会施設部輸送課関係者輸送担当
Email:S1050504@section.metro.tokyo.jp(※件名に2020TDMとご記載ください。)
TEL:03-6634-5326