ソシオエステティック

養成講座

養成講座の概要

CODES JAPON ではソシオエステティシャンの育成を行っています。

CODESの養成プログラム、カリキュラムをベースに
日本の実情に即した内容のプログラムを構築し、実践に長けた専門講師陣によるソシオエステティシャン養成講座をスタートさせています。

講座内容は、

  1. 医療・社会福祉・心理・法律の基礎科目
  2. 医療の理論・医療現場での実習
  3. 社会福祉の理論・社会福祉現場での実習
  4. 心理・コミュニケーションの演習
  5. ソシオエステティックの推進のためのプロジェクトの作り方と実現への方法

といった5つの柱で構成され、理論から実践まで幅広く学びます。

養成講座の日程・内容・費用等については、
会報誌及びWEBページ上で適宜ご案内してまいります。

講座カリキュラム

CODES JAPON 認定 ソシオエステティシャン養成講座カリキュラムのご案内

社会福祉分野Ⅰ
第1回 ソシオエステティック概論Ⅰ
ソシオエステティック概論Ⅱ
高齢者の心理
ケーススタディ
ソシオエステティックにおける衛生管理
高齢者のからだと病気
皮膚疾患と病態学
社会福祉学
介護概論
高齢者施設でのソシオエステティックⅠ
高齢者施設でのソシオエステティックⅡ
第2回 対面モデラージュ
相モデルでの実習
コミュニケーションスキル
認知症
高齢者施設での実習Ⅰ
第3回 心理学概論
外見のケアと心理
障害者心理と当事者心理
関連法規
高齢者施設での実習Ⅱ
高齢者施設での実習Ⅲ
高齢者でのソシオエステティックの考察
社会福祉分野Ⅱ
第1回 依存症
発達障害
摂食障害者へのアプローチ
子供の虐待の現状Ⅰ
子供の虐待の現状Ⅱ
日本の女性の貧困について
社会問題に関する考察
高齢者施設での実習Ⅳ
第2回 色彩学
プレゼンテーション
ストレスマネジメント
インターン実習
精神医学
アロマセラピーの有用性
社会福祉施設の見学
医療分野
第1回 医の倫理・患者の権利
病院の機能と職権
病院内の衛生管理
医療現場でのソシオエステティック
バイタルサインとカルテ
一般的な病気の症状と対応
患者の家族と心理
皮膚の構造
医療機関での実習Ⅰ
第2回 癌・腫瘍学
化学療法の副作用
カムフラージュメイク
就職活動のための指導
医療機関での実習Ⅱ
婦人科学・産科学
医療機関での実習の考察Ⅰ
第3回 ソシオエステティックのワークショップ
人工透析とソシオエステティック
精神科とソシオエステティック
終末医療と緩和ケア
医療機関での実習Ⅲ
医療機関での実習Ⅳ
医療機関での実習の考察Ⅱ

養成講座の一例

第1段階:社会福祉の領域①
面接授業:8日間(4日間×2回 2ヶ月)
社会福祉の基礎知識を学ぶ
高齢者についての理解を深める
老人ホームやデイケア施設、介護老人保健施設等の高齢者施設でのソシオエステティックの実際を学ぶ
第2段階:社会福祉の領域①
面接授業:12日間(4日間×3回 3ヶ月)
様々な社会福祉施設の現状を学び、ソシオエステティシャンとしての、人との関わり、対処方、コミュニケーション能力を学ぶ
老人保健施設以外(障害者関係施設、婦人保健施設、児童関係施設、母子福祉施設、自立支援施設、構成施設等)でのソシオエステティックのあり方を学び考察する
第3段階:医療の領域
面接授業:12日間(4日間×3回 3ヶ月)
医療福祉と医療現場における基礎知識を学ぶ
ソシオエステティシャンに必要な医学的知識を学ぶ
医療現場でのソシオエステティックの実際を学ぶ