沿革

協会について

沿革

1970 芝山みよか(初代会長)、アムステルダムにおいて第24回CIDESCO国際会議に出席。“CIDESCO-NIPPON”の名称で、CIDESCO日本支部の認可を受ける。
1971 日本エステティシャン協会(CIDESCO-NIPPON)設立準備発起人会を、銀座東急ホテルにて開催。
第25回CIDESCO国際会議(ブリュッセル大会)に、芝山みよか他出席。
日本支部設立準備経過報告を行う。
1972 日本エステティシャン協会設立。(6月6日)
1973 講習会の定期開催を決め、初年度10回開催。 会員募集を開始。
1974 第1回会員総会を、 東京プリンスホテルにおいて開催。
1975 会報誌「Esthétique」創刊。
1978 CIDESCO本部事務局長ドウルサール女史来日、歓迎パーティ開催。
1980 第1回CIDESCOインターナショナルエステティシャン試験を実施。
第34回CIDESCO国際会議を日本で開催(於帝国ホテル)。36カ国3,000名が参加。
1981 エステティック総合テキストⅠ、Ⅱ完成。
1983 協会創立10周年記念大会(アジアの集い)を東京プリンスホテルにて開催。
1985 エステティック専門講座(全10巻)完成。
1986 通信教育(スキンケア・ベーシックコース)を開始。
1987 協会創立15周年記念大会(CIDESCO-NIPPON国際大会)を東京全日空ホテルで開催し、5,600名参加。
エステティックに関する実態調査を全国規模で実施。
1988 講習会開催地区7地区に拡大。
1989 各種約款(営業・表示・技術)を作成、施行。
1990 第5回CIDESCO国際試験を厚生省が視察。
1991 日本エステティック研究財団設立のための準備委員会を協会内に設置。
1992 財団法人日本エステティック研究財団が設立。
協会創立20周年記念大会をホテルパシフィック東京にて開催。
1993 組織の再編強化に着手。
1994 協会ロゴマーク刷新。一般女性誌に消費者向け広告掲載。
認定エステティシャン制度導入。統一試験開始。
自主衛生基準策定し、講習会開始。
1995 阪神大震災発生。被災地に義援金拠出、被災会員に復興支援金交付。
サロン掲載用ポスター作成。
会員の実態調査開始。
講習会開催会場9地区に。
1996 広告・表示自主基準策定。
サロン経営セミナー開始。
全国の理美容学校にアンケート実施。
全日本エステティック業連絡協議会と日本エステティック連合を結成。
1997 協会創立25周年記念大会を京王プラザホテルにて開催。
1998 協会ホームページ開設。総合テキスト全20巻完成。
1999 テキスト「標準エステティック学」刊行。
2000 日本ではじめての「CIDESCO認定校」認可。
2001 団体名称を「日本エステティック協会」に改称。
定期講習会開催地区11地区に。
2002 エステティック業が総務省の日本産業分類に登録される。
協会創立30周年記念大会を京王プラザホテルにて開催。
2003 認定フェイシャルエステティシャン、認定トータルエステティックアドバイザーなど、段階制を骨子とした協会新資格制度を発表。
2004 特定非営利活動法人日本エステティック機構設立。
CODES(ソシオエステティシャン養成機関)と提携。
登録サロン制度を施行。
2007 CIDESCO日本支部が中間法人として分離・独立。
3カ条からなる綱領を策定・公表。
日本エステティック振興協議会発足。
第39回技能五輪国際大会開催。日本が「ビューティーセラピー」職種に初参加。厚生労働省からの依頼を受け、日本エステティック協会が選手選考と育成を担当。
日本標準産業分類において、エステティック業が産業として定義・分類される。
2008 協会創立35周年記念大会をホテルパシフィック東京にて開催。
第1回エステティックコンテストを開催。
法人格を取得し、一般社団法人 日本エステティック協会となる。
2009 第1回社員総会をホテル東京ガーデンパレスにて開催。
芝山みよか名誉会長 逝去。
テキスト「新エステティック学」刊行。
日本で2回目のCIDESCO世界会議開催。基調講演は小池百合子前環境大臣(当時)。
2010 ピンクリボン運動に賛同し、啓発活動に協力。
敬老の日ボランティア活動の開始。
日本エステティック試験センターが一般財団法人化。
2011 東日本大震災発生。被災地にてボランティア活動を開始。また、日赤や被災会員に義援金を拠出。
2013 協会創立40周年記念大会を東京、大阪、福岡にて開催。
2014 CODESとの提携10周年を記念して、CODES理事長・校長を招聘。
認定上級エステティシャン資格、認定衛生管理者資格を創設。
2015 第43回技能五輪国際大会「ビューティーセラピー」職種で2位銀賞を獲得。
一般社団法人日本エステティック振興協議会が日本皮膚科学会総会において「美容ライト脱毛機器適合審査制度に合格した機器を使用し皮膚安全性試験を行ったが、有害に該当するケースはなかった」と発表。
2016 「美肌検定®」スタート。
経済産業省に「商務サービスグループ」が新設。「サービス政策課」と「ヘルスケア産業課」が設けられ、ヘルスケア産業という概念が一般的になる。
2017 国民生活センターが、医療およびエステティックサロンにおける脱毛の違いと双方の安全性について注意喚起、厚生労働省が関連団体に周知させる指示を通達。
2018 厚労省「職業能力評価制度」の評価基準に「エステティック業」が加えられる。
もっと見る