日本エステティック協会とは

登録サロン申請

登録申請の条件

新登録サロン制度 アジェステ メンバーズサロン クラブの申請条件概要

  • サロンの責任者、経営者、店長(名称を問わず、サロンの日常業務の運営に統括的な責任を負う者。以下、サロン責任者という)のいずれかが当協会の会員であること。
  • 当協会の認定エステティシャン以上の有資格者が週3日以上勤務していること(サロン責任者と同一人物でもかまいません)。
  • 実店舗を有して営業していること。
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律に定義される「性風俗関連特殊営業」に該当する事業を営んでいないこと。
  • 協会登録サロン実施規約及び日本エステティック振興協議会(以下、振興協議会という)の策定する「エステティック業統一自主基準」が遵守されていること。
  • 公益財団法人日本エステティック研究財団(以下、「研究財団」という)が実施する「エステティックの衛生基準」修得のための講座等の修了証書を授与された、「AJESTHE認定衛生管理者」(以下、「衛生管理者」という)有資格者が、1名以上常時勤務していること。
  • 施設賠償責任保険、生産物賠償責任保険、及び受託者賠償責任保険(当協会が別途定める補償内容以上のものに限る。以下、「サロン賠償責任保険」という)に加入していること。
  • 「美容ライト脱毛」を行っている場合、振興協議会が策定した「美容ライト脱毛自主基準」が遵守されていること。
  •  
  • 登録サロンとして1年以上経過しているか、もしくはサロンでの実務経験が3年以上ある協会の会員が在籍していること登録サロン更新申請書((1)~(8)を確認できる内容とする)を提出すること。

プレミアムサロン(上記1~8に加えて、10~15の条件が整っているサロン)

  • アジェステ メンバーズ サロンとして登録されてから1年以上経過しているか、サロンでの実務経験が3年以上ある当協会の会員が常時勤務していること。
  • エステティックの施術を行う者の50%以上が、当協会の認定するエステティシャンの有資格者であること。
  • サロン責任者が、衛生管理者有資格者であること。また、衛生管理者有資格者のうち、衛生管理の責任者を設置すること。
  • エステティックの施術を行うすべての者が、衛生管理者有資格者であるか、研究財団が実施する「エステティックの衛生基準」修得のための講座等の修了証書を授与された者であること。
  • 「美容ライト脱毛」を行っている場合は、振興協議会発行の「美容ライト脱毛自主基準」が遵守され、かつ、施術に際しては美容ライト脱毛安全講習会を受講して合格証を取得した者が行っていること。
  • 登録サロン更新申請書((1)~(8)及び(10)~(14)を確認できる内容とする)を提出すること。

登録申請の手続方法