お知らせ

新着情報

年頭所感

2018年1月1日
日本エステティック協会 理事長 久米健市

あけましておめでとうございます。
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

会員のみなさまにおかれましては、協会事業へのご支援を賜り誠にありがとうございます。

2018年が幕を明けました。協会が設立されて46年目のスタートです。2017年は、政治・経済において激動の1年であったと思います。協会においても、厚生労働省が構築しているエステティック業における「職業能力評価基準」に携われたことは、業界にとっても、そしてエステティシャンのみなさまにとっても、協会設立目的に繋がる大切な一歩を踏み出すことができました。

現在、厚生労働省内で、「職業能力評価基準」は最終の調整中であり。リリースを待っている状態ですが、協会では、本制度のエステティシャンキャリアパスに基づいて、様々な活動を開始する1年になると思います。

本制度を活用して、就業先となるエステティックサロンが労働関連法令をはじめとするコンプライアンスを遵守し、入職したエステティシャンが適正な評価を受け、将来へ目指す道が明確になることで、エステティック業界への将来性のある就業の道を作ります。また、これにより、エステティシャン養成施設への入学希望者が増加し、業界での人の流れの好循環化を目指し業界全体の枠組みを改革していきます。また、エステティック業に携わる全ての方が、法令遵守と、衛生管理の知識を保有し、消費者が安全・安心できる環境を構築するため、そしてよりわかりやすい試験制度の実現を進めます。

2020年のオリンピックに向け、インバウンド需要も拡大しています。また、訪日外客による商品購入と連動して、サービス消費も増加トレンドであり、日本の品質に対する諸外国の評価は高く、オリンピック終了後、エステティックの市場がさらにグローバル化する流れになることは想像に難くありません。高齢化、国際化、多様化する業界に対応する人材育成制度が求められます。エステティック業界が醸成し、さらに飛躍することができるよう、準備を怠らず、攻める1年であり続けることができるよう鋭意取り組む所存です。