一般社団法人日本エステティック振興協議会ならびに特定非営利活動法人日本エステティック機構では、2020年3月10日に新型コロナウイルス対策ガイドラインを公開いたしましたが、内閣官房コロナ対策室および経済産業省ヘルスケア産業課にもご協力いただき、2021年10月12日に第4.2版を改定いたしました。

今回の改訂では、
(1)感染リスクが高まる「5つの場面」や接触感染・飛沫感染・マイクロ飛沫感染の経路 に応じた、業種別のリスク評価及び感染防止策の実践
(2)正しいマスク着用及び咳エチケットの徹底
(3)大声を出さないことの徹底
(4)手洗・手指消毒の徹底
(5)消毒の徹底
(6)換気徹底による密閉回避・保湿
(7)密集の回避
(8)身体的距離確保による密接回避
の項目について、内閣官房コロナ対策室からの要請を反映したものとなっております。

コロナ禍の中、多くの自治体では営業継続するにあたっては内閣府が発表する業界毎のガイドラインの遵守をお願いしており、エステティックサロンを営業するにあたっては本ガイドラインの遵守をお願い申しげます。

●ガイドライン第4.2版(衛生管理基準付:PDF版※)
●ガイドラインチェックシート(PDF版※)
新型コロナ注意喚起文書ver.4.2対応 サロン用(PDF版※)

※資料はPDF形式となっており、ご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、リンク先から無料ダウンロードしてください。